第25回「 老後資金」対策: 70歳まで働き続ける

★「定年後もハッピーになれる」facebookができました。
ご興味のある方は「フォロー」お願いします。
facebookはこちら


70歳まで働いて年金を56.5%増やす!

 65歳からもらえる男性の平均年金は、月額173,893円です。
 (注)60歳まで働いた男性の基礎年金を含む平均年金月額で、男女雇用機会均等法施行以降の男女の年金と考えられます。

 この月額年金額を、70歳まで働いていくら増やせるのか考えてみましょう。


1、60歳から再雇用期間5年間、厚生年金に加入
  月額11,236円アップ

2、65歳からの本来支給の年金を、5年間繰り下げ受給
  月額77,754円アップ

3、再雇用期間満了後の65歳から70歳到達までの5年間、厚生年金に継続加入
  月額9,317円アップ

1、2、3を合計すると、98,307円アップ

年金支給額全体を考えると

 173,893円+(11,236円+77,754円+9,317円)=272,200円

 70歳からの年金月額は、272,200円となります。
(参照)第24回「老後資金」対策:年金を増やす方法とは

 65歳からの本来支給の年金を5年間繰り下げ受給して、70歳まで厚生年金に加入して働くと、60歳で退職した場合と比べると、年金受給額を56.5%増やせる可能性があります。

サラリーマン夫と、専業主婦のケース

 サラリーマン夫と、専業主婦(昭和60年以降の第3号被保険者)のケースで、70歳からの年金月額を考えます。(上記の1,2,3を適用した)

1、世帯主は、単身世帯のケースで計算した70歳から受給できる金、月額272,200円

2、配偶者は、満額の老齢基礎年金、月額65,000円(注1)
(注1)老齢基礎年金の満額780,100円÷12ヶ月=65,000円

 272,200円+65,000円=337,200円
 2人の年金月額を合計すると、337,200円と推測できます。

共働き世帯のケース

 共働き世帯(男女雇用機会均等法施行以降)を想定した場合の70歳からの世帯の年金額を考えます。(最初の1,2,3を適用した)

1、世帯主・配偶者共に、単身世帯のケースで計算した70歳から受給できる年金、月額272,200円

 272,200円×2=544,400円
 夫婦2人分を合計した544,400円と推測できます。

 65歳から5年間繰り下げ年金受給を選択し、70歳まで厚生年金に継続加入した場合の単身世帯・夫婦世帯が増やすことのできる年金額を考えてみました。

 長く働き年金を増やす、生涯賃金を増やすことのできる『キャリアをどう積み重ね、スキルを磨くのか』へ向けた準備が、家計の防衛策のスタートとなります。
 長寿リスクに備えるために、中年期から退職後までを視野に入れて、長く働き続けることができるような自己投資が必要です。

 50代からは、仕事人生前半とは違う働き方が求められています。変化に対応するために、新しい発想を生むことができる価値観の多様性を受け入れて自分自身も変化することです。
 たゆまなく変化する仕事環境の中で活躍でき、現場で努力できる人でい続けることが必要です。

 次回は、退職後に必要な老後資金について考えます。


山木戸 啓治  Keiji Yamakido

<プロフィール>
上級生涯生活設計コンサルタント
一級ファイナンシャル・プランニング技能士
CFP(日本FP協会)
社団法人 日本証券アナリスト協会検定会員

平成15年より、ファイナンシャル・プランナーに就任し、生涯学習センター・公民館・大学の公開講座などで生涯経済設計の講師を務め、平成16年度・17年度には福山大学経済学部客員教授を兼務すると共に、企業の退職準備ライフプランセミナー、及び地方公務員の退職準備・生活充実ライフプランセミナーなどで講演活動を行う。
平成22年7月に定年退職し、その後も継続してライフプランセミナーの講師として活動中。

山木戸先生へのお問い合わせは、こちらへ


 

関連記事

  1. 第7回 「自分らしい自分」を切り開く“意識の転換”

  2. 第23回「老後資金」対策:年金受給額を「知らない」!?

  3. 第1回 生涯生活時間が長くなる中で“自らの中高年期を、何にかけるか”

  4. 第14回「お金の不安」編 その4「せつやく」“保険”

  5. 第17回「お金の不安」編その7「障害年金」

  6. 第15回「お金の不安」編 その5「せつやく」“医療保険を見直す”

  7. 第6回 真の個性化は、中年期以降に始まる

  8. 山木戸先生の初書籍「心の転職 ピンチから抜け出せ」

  9. 第8回 “等身大の自分を開発する”という意識が重要

PAGE TOP