震災から25年。神戸の公園に新しい居場所「あすパーク」開設

「あすパーク」約70平方メートルのプレハブ平屋建て。(写真:CS神戸)

 神戸市東灘区の認定NPO法人「コミュニティ・サポートセンター(CS)神戸」は、神戸市内の公園に「地域共生拠点・あすパーク」を開設した。

 阪神・淡路大震災から25年、震災を機に発足したCS神戸による民設の施設。地域住民、NPO、企業などが集い、学び・交流しながら共に地域課題を解決していくことを目指している。

 「少子高齢化の地域社会において、誰もがいつまでもいきいきと暮らせるように居場所と役割を創り出す神戸発の先駆的モデルを目指します」(利用案内より)

 2017年に都市公園法が改正され、公民連携の公園利用が可能となった。CS神戸では市に活動拠点となる新施設を提案。市から設置許可を受けて実現した。

あすパークの活動
・居場所サロン
・地域みんな食堂
・セルフ喫茶コーナー
・企業協賛による各種教室など

 2020年1月~3月はプレオープンとして、水・金・土曜日にオープン。
 4月からグランドオープンの予定だ。

地域共生拠点・あすパーク
神戸市灘区中郷町5-1大和公園内
開設時間 水・金・土 9:30~17:00
     4月より週5日程度 9:00~17:00

運営:認定NPO法人 コミュニティ・サポートセンター神戸(CS神戸)

詳細はこちらへ
あすパークのfacebook


 

関連記事

  1. 公開講座「コミュニティ・カフェって何だろう?」@横浜市青葉区

  2. 学生が企業と体験型ワークショップ開催@横浜市金沢区

  3. 福祉まつり「おもてなしボランティア」募集中@東京都千代田区

  4. 女性の活躍が地域社会を変える

    シンポジウム「女性の活躍が地域社会を変える-行政、産業、教育の視点から」@千葉

  5. 国分寺の駅隣接ビル開館記念イベントに東京経済大学が参加

  6. 参加者募集:地域連携フォーラム、地域資源の活用事例報告など@千葉商科大学

  7. 参加者募集:食から地域コミュニティ・多世代の居場所を考えるオンラインイベント

  8. 参加者募集:生涯学習に関する団体の発表会&講演@横浜青葉区

  9. 公開講座「地域再生のためのコミュニティメディアの活用」@武蔵大学

PAGE TOP