中止決定:フォーラム 「多文化社会における市民活動を問う」@東京

2020年2月28日追記

第4回多文化社会実践研究フォーラムは、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、中止となった。

中止のお知らせはこちらへ


多文化社会専門職機構では、2018年から3年にわたり多文化社会実践研究フォーラムを開催している。

1回目の2018年度は「多文化社会を問う」として、人権、福祉、司法、教育、労働という分野で課題を議論した。
第4回目となる今回は、多文化社会における市民活動を問い直していく。

3月21日(土)
プレフォーラム

○トークセッション「これでいいのか!?国際交流協会」
小山紳一郎 (SIDラボ)
髙栁香代
(多文化社会コーディネーター/移住労働者と共に生きるネットワーク・九州)
奈良雅美(アジア女性自立プロジェクト)

○イブニングセッション(情報・意見交換のための夕食会)
*イブニングセッションのみ別途参加費3,000円。

◎3月22日(日)フォーラム

○あいさつ
野山広(多文化社会専門職機構代表理事)

○全体会Ⅰ:パネルトーク「多文化共生社会に向けた市民活動の展望」

重友和明 (出入国在留管理庁在留管理支援部在留支援課 課長補佐)
松原明 (シーズ・市民活動を支える制度をつくる会 副代表理事)
伊東祐郎 (日本語教育推進関係者会議委員)

進行:野山広 (国立国語研究所)

○多文化社会専門職 認定証授与式・認定事業報告会

当機構で2018年に実施した多文化社会コーディネーターおよび相談通訳者試験の合格者に対して認定証を授与。
認定事業の報告

○分科会

① 「福祉・医療から多文化社会における市民活動を問う」
話題提供:天谷都紀子 (狭山市社会福祉協議会)
コーディネーター:新居みどり (NPO法人国際活動市民中心)

② 「人権から多文化社会における市民活動を問う」
話題提供: 長澤正隆 (北関東医療相談会理事/事務局長)
コーディネーター: 中村亮 (弁護士/多文化社会専門職機構理事)
高柳香代 (多文化社会コーディネーター/移住労働者と共に生きるネット ワーク・九州)

③ 「教育から多文化社会における市民活動を問う」
話題提供:田中宝紀 (NPO 法人青少年自立援助センター定住外国人支援事業部責任者)
コーディネーター:山西優二 (早稲田大学)

④ 「労働から多文化社会における市民活動を問う」
話題提供:鳥居一平(移住者と連帯する全国ネットワーク代表理事)
コーディネーター:松岡真理恵(多文化社会コーディネーター/浜松国際交流協会)

○全体会Ⅱ:各分科会報告
報告:新居みどり(NPO法人国際活動市民中心)
高柳香代(多文化社会コーディネーター/移住労働者と共に生きるネットワーク・九州)
中村亮(弁護士)
山西優二(早稲田大学)
松岡真理恵(多文化社会コーディネーター/浜松国際交流協会)
コーディネーター:青山亨(東京外国語大学)

閉会あいさつ
野山広(多文化社会専門職機構代表理事)


第4回多文化社会実践研究フォーラム
「多文化社会における市民活動を問う」

日時 2020年3月21日(土) 16:00~20:00
         22日(日) 10:00~16:50
会場 早稲田大学戸山キャンパス
   東京都新宿区戸山1-24-1 戸山キャンパス
参加費 一般3 ,000円


 

Similar Posts:

関連記事

  1. 外国人といっしょに学ぶ防災教室@滋賀県甲賀市

  2. クラウドファンディング:心のバリアをなくす、おたすけマーク缶バッチ作製@東京新宿

  3. 多文化、多国籍な人々の共生を考える映画「バベルの学校」

  4. “思い込み”から抜け出そう! LGBTと多様な社会を考える@東京

  5. 開催レポ:講座「多文化社会におけるアートのチカラ」@東京藝大

  6. 外国籍などの子どもの宿題をサポートby 東海大学

  7. 国際大学インターナショナル・フェスティバル2017

    学園祭「インターナショナル・フェスティバル2017」@南魚沼市

  8. 参加者募集:2020年までに達成したい!ダイバーシティー・人権の課題を語ろう@東京

  9. 作品公募:日本に暮らす海外ルーツの人の作品を募集中@東京足立

PAGE TOP