オンライン映画祭:欧州の映画を自宅で楽しめる

 欧州連合(EU)加盟国の在日大使館・文化機関が提供する作品を一堂に上映するユニークな映画祭「EUフィルムデーズ」は、今年で18回目。
 今年はオンラインで上映される。
 1作品300~500円(無料で公開される作品もあり)で、ヨーロッパの映画を視聴できる。
 
 今年は、日本未公開作品(7作品)や、過去のEUフィルムデーズで紹介され好評だった作品を含む、20カ国21作品が上映される。

クリックで拡大

クリックで拡大


EUフィルムデーズ2020オンライン
日時 2020年6月12日(金)~25日(木)
配信 青山シアター こちらから 
 視聴には会員登録(無料)が必要。

料金 無料で視聴できる作品から、1作品300円~500円

会期・料金・プログラムはこちらへ

●作品のテーマ
ヨーロッパの逞しくしなやかな女性たち
20世紀に輝く人物-その真実と嘘
家族-悲喜こもごもの物語
ミステリアスすぎる個性派たち
覚醒するドキュメンタリー など

詳細はこちらへ


 

関連記事

  1. 書籍紹介:演劇ワークショップでつながる子ども達–多文化・多言語社会に生きる

  2. 参加者募集:空き地で食べ物を作れる…食で社会を変えていくドキュメンタリー映画上映会

  3. 書籍紹介:大学とまちづくり・ものづくり-産学官民連携による地域共創-」芝浦工業大

  4. 映画「ソニータ」国際ガールズ・デー全国上映キャンペーン

  5. 自宅で社会派映画を楽しむ:オンラインレンタル情報

  6. 映画情報:映画で旅するヨーロッパ「EUフィルムデーズ2019」@東京・京都・広島・福岡

  7. 参加者募集:米国の水爆実験、ハンセン病元患者に関する映画上映イベント@白百合女子大学

  8. 映画紹介:海洋汚染、ゴミ問題を考える『プラスチックの海』

  9. 映画紹介:子ども食堂を描いた「こどもしょくどう」

PAGE TOP