参加者募集:オンライン・シンポ:コロナ/気候危機からの回復 地域から始まるグリーン・リカバリー&ミュニシパリズム

 特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)は、7月19日に「PARCオンライン・シンポジウム」を開催する。

 テーマは「コロナ/気候危機からの回復 地域から始まるグリーン・リカバリー&ミュニシパリズム」

 欧州を中心に、すでにコロナ禍からの持続可能な回復をめざす政策として「グリーン・リカバリー」が提案され議論されている。

 また、コロナ感染の以前から、いったん民営化された公共サービスを再公営化する自治体の動き(=ミュニシパリズム)も増加している。

 世界の自治体・市民の取り組みを知り、日本の状況と結びつけながら、今後の日本を考えていく。

【内容】

第1部 これが世界の潮流だ!―コロナ禍からの再生をめざして

基調報告(1)
コロナ時代を生きるビジョン―グリーン・リカバリー最前線
 井田徹治 (ジャーナリスト)

基調報告(2)
公共の力を取り戻す!-世界の自治体で進む再公営化
 岸本聡子 (TNI)

ディスカッション&質疑応答
コーディネーター 内田聖子(PARC共同代表)

第2部 持続可能なコミュニティへの変革―各地からの報告

 (1)市民共有財としての公共サービスを―金沢市のガス・水力発電事業民間譲渡の危機から
  森一敏(金沢市議/PARC会員)
 (2)世界に広がる「気候非常事態宣言」自治体のネットワーク
  漢人明子 (緑の党東京都本部共同代表/元小金井市議会議員)
 (3)地域からエネルギー政策を変える!
 (4)農と食を地域で循環させる-学校給食を有機無農薬に
   鮫田晋 (千葉県いすみ市農林課)
 (5)気候危機下における自治体の災害対策・公衆衛生

●第1部・第2部の報告者でのパネルディスカッション&質疑応答
 コメンテーター 大江正章(PARC共同代表)※予定
 コーディネーター 内田聖子(PARC共同代表)

日時 2020年7月19日(日) 15:00~18:20
使用システム: オンラインミーティングシステムZOOM
参加費 一般1000円、25歳以下&生活困窮者の方は無料
定員400名

詳細はこちらへ


 

関連記事

  1. 環境ボランティア・エコメイト募集中:京エコロジーセンター

  2. 開催報告:みたかエコマルシェに出展!@東京都三鷹

  3. 米作りを楽しむ「源流米パラダイス」@大阪府南河内

  4. 参加者募集:震災から9年、福島の今とこれからを考えるシンポジウム@早稲田大学

  5. 竹でテント作り&焚火や星を楽しむ「THEバンブーキャンプ」@大阪

  6. 指定都市市長会シンポジウム

    指定都市市長会シンポジウムin仙台「助け合いの力が日本を救う」

  7. 参加者募集:食品ロス削減!日本初の「無料スーパー」見学ツアー@東京多摩市

  8. 講演情報:移動式「えねこや」の湯浅代表が仙台で登壇「エネルギーの小屋から見える未来」

  9. 参加者募集:講座「自然エネルギー100%大学を目指す取り組みについて」@千葉商科大学

PAGE TOP