参加者募集:オンラインシンポ「コロナ時代におけるスポーツ/フィットネスの在り方」

 立命館大学 総合科学技術研究機構 スポーツ健康科学研究センターと、東京大学 スポーツ先端科学研究拠点は、8月6日に合同シンポジウム「withコロナ/postコロナ時代における健康基盤としてのスポーツ/フィットネスの在り方」を開催する。

 スポーツ/身体運動に関わる科学は健康を支える基盤として本当に貢献できているのか。

 接触抑制は、身体活動の低下、さらには生活習慣病などの慢性疾患の進行につながるのではないか。

 他者との触れ合いを減らすことは、フレイル/介護を進行させるのではないか。

 コロナ禍の影響で、公共/民間スポーツ施設は約2ヶ月間、全面的にサービス提供を停止した。
 なぜ身体活動を通して健康と社会的なつながりを維持・向上する場として認識されなかったのか。

 同シンポジウムは、上記のような内容を話し合う。

登壇者
基調講演「国民の健康を支えるサービスとしてのフィットネス産業の価値(仮)」
 吉田正昭 (一般社団法人 日本フィットネス産業協会 会長)

講演1「Society5.0における身体性とスポーツ創造~スポーツの持つ本質的な価値を如何に高めるか~」
 稲見昌彦(東京大学先端科学技術研究センター 教授)

講演2「新しい生活様式と健康づくり ~科学的根拠に基づく運動の提供~」
 家光 素行(立命館大学 スポーツ健康科学部 教授)

パネルディスカッション1
「withコロナ時代において、スポーツに関連する科学が本当に貢献するには」

 吉田 正昭 (一般社団法人 日本フィットネス産業協会 会長)
 稲見 昌彦(東京大学先端科学技術研究センター 教授)
 家光 素行(立命館大学 スポーツ健康科学部 教授)
 田畑 泉(立命館大学 スポーツ健康科学部 教授)
モデレーター:中澤 公孝(東京大学大学院 総合文化研究科 教授)

パネルディスカッション2
「postコロナ時代におけるスポーツ科学の存在意義」

 鳴海 拓志(東京大学大学院 情報理工学系研究科 知能機械情報学専攻 准教授)
 塩澤 成弘(立命館大学 スポーツ健康科学部 教授)
 佐々木 一茂(東京大学大学院 総合文化研究科 身体運動科学研究室 准教授)
 水口 暢章(立命館大学総合科学技術研究機構 助教)
モデレーター:伊坂 忠夫(立命館大学 スポーツ健康科学部 教授)

立命館大学スポーツ健康科学研究センター × 東京大学スポーツ先端科学研究拠点
合同シンポジウム
Withコロナ/Postコロナ時代における
健康基盤としてのスポーツ/フィットネスの在り方

日時 2020年8月6日(木)16:00~18:50
オンライン開催(Zoom)
定員 500人
参加費無料

詳細&申し込みはこちら


 

関連記事

  1. スポーツフォーラム「アスリートが語る『夢の叶え方』@拓殖大学

  2. 「スポーツ振興フォーラム~スポーツ王国北海道を目指して~」開催

  3. サイエンスカフェ「イヌもヒトも健康になる食生活」@麻布大学

  4. オンライン講座:COVID-19時代を生きる―グローバル・クライシスと市民社会

  5. 認知症サポーターフォローアップ研修「若年性認知症とは?」@東京調布

  6. 総合型地域スポーツクラブを目指す「スポネット弘前」@青森県

  7. 活動紹介:ゴミ拾いはスポーツだ「スポGOMI大会」

  8. 参加者募集:シンポ「運動・スポーツと健康寿命の延伸」@東洋大学

  9. お役立ち情報:オンライン診療・電話診療対応医療機関マップ

PAGE TOP