外国人向け日本語学習サポートアプリ「TOBIRA」by立命館アジア太平洋大学

アプリの画面

 立命館アジア太平洋大学(大分県別府市)は、 7月29日(水)APUの言語教育センターの教員が監修した日本語学習サポートアプリ「TOBIRA」“サバイバル編”の配信を開始した。

 オリジナル日本語学習テキスト「日本語5つのとびら(サバイバル編)」(凡人社)をベースにコンテンツをアプリ化した。

 入学前の外国人留学生(国際学生)が、このスマートフォン用アプリにより、日本語に親しみを持ってもらい、日本到着後スムーズに日本の生活や日本語学習を始められるようにすることを目的としている。

 このアプリは、日本語をまったく知らない人に使ってもらうことを想定して作られている。

 2020年9月入学の外国人留学生(国際学生)約450名(予定)から、入学前学習としてこのアプリの利用推奨する。
 また、日本語学習に興味がある人なら、だれでも利用できる。

【アプリの詳細】
 日本語学習テキスト教材「日本語5つのとびら(サバイバル編)」の内容をもとに、書き方、読み方、聞き取り(音声)練習のコンテンツを収録。
 ひらがな、カタカナ/数字/時間表現/日本の通貨(紙幣・硬貨)曜日、日付、月/基本的な挨拶(「はじめまして」、「こんにちは」など)を学ぶ。

配信開始日 2020年7月29日
無料アプリ
対象:誰でも利用可
対応デバイス:iPhone / iPod touch、 Androidスマートフォン
※タブレット端末への本アプリの提供は行っていない。

★インストール法:App StoreまたはGoogle Playで「TOBIRA」で検索してインストールする。

※全ての端末での動作を保証はしない。
※上記OSを搭載している端末であっても、 OSのアップデートや端末の特別な設定、空き容量や通信状況・通信速度などが起因し、動作しない場合がある。

詳細はこちらへ

立命館大学のHP


 

関連記事

  1. 第12回国連UNHCR難民映画祭2017-学校パートナーズ上映会@テンプル大学日本校(東京都港区)

  2. 本棚にある古本で弱者を支援しよう:難民支援協会

  3. 高校生が車いすでバリアフリーマップを作る「ブレーメンの調査隊」@東京都世田谷

  4. 受講者募集:一流の講師から中東情勢や日本美術を学ぶオンライン公開講座@東洋学園大

  5. 参加者募集:本場イギリスの講師によるドラマワークショップ@岐阜県

  6. 書籍紹介:演劇ワークショップでつながる子ども達–多文化・多言語社会に生きる

  7. 参加者募集:フォーラム「多文化社会における市民活動を問う」

  8. 参加者募集:オンラインクラス「もし、私が難民になったら?生きのびるための旅に挑戦しよう」

  9. シンポ「グローバル社会の正義と文化多様性 捕鯨問題を事例として」@一橋大学

PAGE TOP