書籍紹介「もう不登校で悩まない! おはなしワクチン」

 得る”Cafe”と連携しているブログ「おはなしワクチン」の作者、蓑田雅之さんが、初の著書を発行した。

  書籍「もう不登校で悩まない! おはなしワクチン」

「不登校という概念をこの世からなくしたい」という思いで活動している蓑田さん。

 不登校とはどういうことなのか。子どもは学校に通わなくてはいけないのか。義務教育とは?
 さらに、新しい教育方法のオルタナティブスクールとはどういうところか。教育とはなに? 親の役割とは?
 蓑田さんは、息子さんを育ててきた自らの体験を元に、ご自身の想いを綴っている。

 悩んだ末に、子どもをオルタナティブスクールのひとつ、サドベリースクールに通わせるまでの経緯や、その後の心境なども描かれている。

 サドベリースクールは、授業はなく先生もいないという自由な学校。毎日、勉強せずに遊んでいる子どもを見ていたときの葛藤や悩み。親としての心の変遷はとても興味深い。

 そして、蓑田さんは決断したと書いている。

 「子どもにとって何が幸せか」を考えるのをやめること。そして、息子の人生をそっくり彼に手渡してあげること。そうすることで、子どもは見違えるほど「自分で判断」し、「自らの人生を決めていく力」を獲得していくはずです。

 勇気をもって、子どもの独立した人生を認めること。それがサドベリー教育だと私は思います。(本文より)

 この本は、子どもが不登校になったらこういう言葉をかけろなどのマニュアル的な本ではない。
 また、子どもの心理状況を推し量るための本でもない。

 親のあり方について、蓑田さんの想いが書かれている。
 親の考え方が変われば、子どもは変わる。

 不登校に悩む方だけでなく、子育て中の方が読むと、気づくことが多いに違いない。

                  (得る”Cafe”管理人 いとう啓子)

★蓑田さんのブログ「おはなしワクチン」
おはなしワクチンを始めた理由
ブログはこちらへ


『もう不登校で悩まない! おはなしワクチン』
著者 蓑田雅之
発行所 びーんずネット
四六判変形160ページ判
1,320円(税込み)

【目次】
はじめに
第1章 不登校ってどんなこと?
第2章 義務教育の大誤解
第3章 オルタナティブスクールって何?
第4章 新しい子育ての考え方
おわりに

同著はビーンズネットより購入できる。
こちらから


 

関連記事

  1. 社会教育誌4月号掲載マンガ「ジェンダー」

  2. 参加者募集:苦しい状況にある少年たちに市民ができること@東京府中

  3. 参加者募集:生涯学習に関する団体の発表会&講演@横浜青葉区

  4. 参加者募集:朗読会 宮沢賢治/宮部みゆき等を肉声で楽しむ@横浜

  5. ぴっかりカフェで活動するボランティア養成講座@横浜市青葉区

  6. 結果発表!高校生の食のアイデアコンテスト:人間総合科学大学

  7. ブログ「おはなしワクチン」親子が対等って、どういうこと?

  8. 老い、介護、認知症…を描くインド映画「あるがままに」上映会@東京外語大

  9. 江戸川大学

    「こどもコミュニケーションフォーラム」オランダに学ぶ子育て@千葉

PAGE TOP