フォトレポ:自然のデンキでイルミネーション「RE100」byえねこや@東京調布

自然のデンキで光るイルミネーション点灯

 12月12日(土)東京都調布市で、自然エネルギーで光るイルミネーションをつくり、点灯するイベントが開催された。

 主催したのは、トリエ京王調布。企画運営は、(一社)えねこやと(一社)調布未来のエネルギー協議会。ワークショップ担当は、アーチストの山田はるこさん。

 得る”Cafe”でも応援してきた(一社)えねこや。電力自立の移動式えねこや(木製トレーラーハウス)も出動して、イベントは大勢の親子などを集めて行われた。

光と遊ぼう みんなでつくった
「自然のデンキ」イルミネーションRE100

 子どもたちが考えた自然エネルギーのイメージを元に、アーチストの山田はるこさんが、オブジェが制作。子どもたちがLEDライトをつけていった。

 オブジェのイルミネーションの電気は、調布市主催の環境講座で、子どもたちが風力発電と水力発電で作った電気を活用している。
 また、イベント関係は、えねこやの太陽光発電の電気を使用した。

 午後5時、カウントダウンの掛け声と共に、子どもたちがイルミネーションをライト・オン!

 調布駅前が近いだけに、大勢の人が見守る中、色とりどりの自然エネルギーのイルミネーションが輝いた。

  • エコなトレーラーハウス、移動式えねこやの見学も行われていた。

★イルミネーションRE100とは

 2018年、東京都多摩市で始まった。
 再生可能エネルギーの電気で光るイルミネーションを点灯させる活動。
 今年は、調布市、三鷹市、武蔵野市などの市民団体、個人参加もあり、全10か所で同じ12月12日にイベントを開催。同時刻午後5時に点灯した。
 東日本大震災から10年を迎える2021年12月にも、同日同時刻に点灯式を行う予定だ。来年に向けて、開催地をさらに増やすことを目指している。
 同イベントを通して、再エネを普及させること、オンラインでもつながることを目指している。

  • 影絵で遊ぶ子どもたち

影絵をつくろうワークショップ
 
 LEDライトをオブジェにつけている横では、子どもたちは影絵に使う切り絵つくりを楽しんだ。
 点灯式後にモニターを使って影絵遊びだけでなく、自らいろんなポーズで影をつくっていた。

クリックで拡大

クリックで拡大

えねこや関連の記事

えねこやのHP

(取材・写真 管理人 a-Nest いとう啓子)


 

関連記事

  1. 映画紹介:海洋汚染、ゴミ問題を考える『プラスチックの海』

  2. 参加者募集:イベント「里山で暮らす~防災編~」「季節ごとの遊び」NPO里山倶楽部(大阪府)

  3. 動画配信「子どものネット利用を考えるWebシンポジウム」

  4. 参加者募集:第3回かながわ高校内居場所カフェサミット2020

  5. 動画公開:移動式えねこやが多摩市の小学校2校を訪問。授業を行う

  6. 「アートパーク10 ラブ&ピース大作戦」by聖徳大学

    親子向けのイベント「アートパーク10 ラブ&ピース大作戦」by聖徳大学

  7. 博物館展示:家畜の飼育のあり方“アニマルウェルフェア”を考える@麻布大学

  8. すぷうんおばちゃん参加!女性の小さな起業家のマルシェ「フジエダチャレンジ」

  9. 参加者募集:畑・探検隊「畑のたからもの」~落花生収穫体験@千葉

PAGE TOP