a-Nest メンバー紹介

<a-Nest のメンバー紹介> (五十音順)

阿部佳代子(フリーランス編集者)

 学生時代は自校の運動部の活躍ぶりやスポーツの魅力を一般学生に伝える学生スポーツ新聞のサークルに所属し、シーズン中の週末はたいてい神宮球場、西が丘競技場(現在の味の素フィールド西が丘)、秩父宮ラグビー場のいずれかに通っていました。大学卒業後、ビジネス雑誌「プレジデント」を中心に雑誌編集者を35年勤め、現在はフリーランスで書籍を中心に引き続き編集の仕事をしていますので、書籍の出版にご興味のある方はご相談いただけたら幸いです。

いとう啓子(フリーライター、サイト管理人)

HardRock Bandをやっていた元Rock姉ちゃんで、2輪ロードレース(鈴鹿8時間耐久、MotoGPなど)取材歴約30年という一風変わった経歴を持つ。「社会教育」誌のライターとして約20年。その他、左官・塗装の専門誌、幼児雑誌、ムック本など様々な分野を経験。現在、人物、イベントなどの取材を中心に活動中。
2014年、マルタ島に短期英語留学した経験をまとめた書籍「猫と鐘 マルタ留学記」をAmazon Kindle、(株)BCCKS(紙本)で出版中。

大久保邦子(文化ボランティア・コーディネーター)

 ふりかえれば、美大でノホホンとやっていた3年時に60年安保に遭遇。その影響大なりで出版社に就職。結婚後は「子育ては家庭内だけでは完結しない。地域ぐるみで!」をモットーにフリーランスライターとしてPTA、子供会、自治会など地域活動にのめり込み、それらの課題を教育雑誌などに執筆。地域から発信を続ける中でヌエックと出会い、「社会教育」の何たるかに目覚める。全国ネットのセミナーなどを多数手掛けてきたが、都心中央区での連続講座「地域人になる!」が一番思い出深い。思えば地域大好き人間である。

近藤真司(「社会教育」誌 編集長)

 大学4年のときスポーツクラブを設立、初代会長。1982年、走る仲間のスポーツマガジン:ランナーズ入社。国立競技場でカール・ルイスを目の前にする。最近は、2013年東京マラソンで走路監察ボランティアとして、参加ランナーとハイタッチ。3年前の杉並区体育祭陸上競技、40歳以上1500メートルに出場し6位入賞。杉並区では、体育指導委員を4年、スポーツ推進委員を2年歴任。現在は、杉並区東京オリンピック・パラリンピック懇談会委員:公募委員として活躍中。

山木戸啓治(上級生涯生活設計コンサルタント)

平成15年より、ファイナンシャル・プランナーに就任し、生涯学習センター・公民館・大学の公開講座などで生涯経済設計の講師を務め、平成16年度・17年度には福山大学経済学部客員教授を兼務すると共に、企業の退職準備ライフプランセミナー、及び地方公務員の退職準備・生活充実ライフプランセミナーなどで講演活動を行う。
平成22年7月に定年退職し、その後も継続してライフプランセミナーの講師として活動中。

吉田理子(企業組合i-casket 代表理事)

 「超氷河期」時代に大学生活を送り、卒業後は専門のバイオ畑からIT業界へ。同時にMacからWindowsへ移行。Cドライブって何?の世界からのスタートでした。
子供の成長と共にPTAや地域活動に参加するようになり、現在は仕事の傍ら「学校応援団コーディネーター」として小学校に居座り中。
地域活動は急がず、足元からじわじわと広がり、根付くものです。「ほしいサービスがないなら自分達でつくる♪」が私のモットーです!

PAGE TOP